「良く噛める」お口に

当院は上部構造にこだわりと自信をもっております。上部構造とは、いわゆる詰め物や差し歯の部分です。

「よく噛めるように、噛み心地が良い歯を作る!」

これは、理事長の油谷が日本最高峰の勉強会グループに長年所属しており研鑽を積んだ結果の「こだわり」と「自信」です。

このこだわりは何と言っても患者様が「本当によく噛めるように」。しっかりとよく噛んで楽しくお食事をしていただきたい。家族に気を使って食事をするようなそんなお悩みを解決したい。

そんな想いで診療を行なっております。

歯を削ると最後には詰め物や被せ物が入ります。これは人口の歯で、セラミックやゴールド、パラジウム合金などが使用されています。

素材はどんな歯科医院でもあまり変わりませんが、歯科医院によって大きく変わるものがあります。

それは「精度」。

被せ物や詰め物の精度が低いとよく噛めない、よく噛みきれない、外れてしまう、再度のむし歯になりやすくなってしまうなど、大きなデメリットがあります。

もし自費診療を選択され、白くて綺麗な被せ物を入れたとしても、噛み合わせに問題が出たり、すぐに外れて壊れてしまうようなものでは意味がありません。

 

エル歯科クリニックは「良く噛める」こと、「噛み合わせ」にこだわります。

精度の高い補綴物を製作するためには、

 

その1「型どりの精度を上げる」こと

被せ物、詰め物を製作するとき、型取りが非常に重要です。

精度の高い型取りをする必要があります。

当院では精度の高い型取りをするために、印象材の変形を最小限に抑えることにこだわり、そして、高品質な印象材を使うことにこだわっています。
もちろん、患者様の保険ご負担額は同じです。

 

その2「調整をしないでセットできる」ように卓越した技術を持っている技工所に製作を依頼

詰め物や被せ物は技工所に製作を依頼しています。

私たちは技工所にもこだわりを持っていますので、日本トップクラスの技工所に製作を依頼しています。

 

最終的な補綴物の製作は卓越した技術を持つ技工所(Labo)に依頼しています。

その技工所にも徹底したこだわりがあります。
それは、エル歯科の徹底したこだわりを叶えることが出来る技工所を厳選しているため、エル歯科が依頼する技工所の技術は日本トップクラスなのです。

技工所のご紹介

ラグソウェル 松前団氏

【略歴】
日本臨床歯科補綴研修会「歯科医師と歯科技工士のための基本8ヶ月コース」
スタディーグループ 『修練会』
補綴臨床StepUp講座~半調節性咬合器(KaVo PROTAR evo7)を臨床応用するには~
補綴臨床StepUp講座~補綴臨床の精度を高めるには~ Review コース
(講演者:中村健太郎・林徳俊)
『大阪修練会』
スタディグループ『Amorphous(アモルフォス)』
Partial Parallel Milling and CoCr One Piece Casting

「高い印象精度」と「日本トップクラスの技工所での製作」があってこそ、精度の高い詰め物被せ物をセットすることができるのです。

私たちは患者様が「本当に良く噛める!」ために全力を尽くします。