エル歯科クリニックのこだわりは衛生面《滅菌》です。

衛生環境でも安心を
~世界基準の衛生環境へ~

エル歯科の院内予防システムは世界基準を元にしています。
患者様から他の患者様への病原菌の感染、つまり院内感染が起こらないようにするため、
歯科医療の現場ではB型肝炎、HIVなど、危険なウイルスへの対策が欠かせません。

清潔な衛生環境のためエル歯科クリニックではしっかりと設備投資を行っております。

平成26年5月の読売新聞にこんな記事が掲載されました。

ta-bintukaimawasi

虫歯治療でみなさまの大切な歯を削る時、歯医者さんではタービンというドリルを使って、内部を高速で回転させて歯を削ります。
このタービンには患者様の唾液や血液などが付着しますので、念入りな滅菌が必要です。

ここ数年は、ほとんどの歯医者さんにオートクレーブ(滅菌器)が備え付けられています。
しかし、実はタービンの内部に関してはこのオートクレーブだけではしっかりと滅菌する事はできないのです。

エル歯科クリニックでは日本で数%の歯医者さんしか導入していない「DACユニバーサル」という、タービン専用の滅菌器を導入しています。
この「DAC」が通常の滅菌器では不十分なタービンの内部まで滅菌。

この滅菌工程は手間と時間がかかっていますが、必ず患者様ごとに行なっております。

「DACユニバーサル」はまだまだ導入している歯医者さんは稀ですが、エル歯科クリニックでは見えないところの滅菌にもこだわり、導入をしております。

DACユニバーサル

DACユニバーサル

消毒滅菌へこだわっています。
~滅菌消毒洗浄機器と使い捨てパーツ~

エル歯科クリニックは「当たり前を徹底的に」行います。

院内感染予防に対する対応

院内感染とは患者様や医療従事者に病原菌が感染してしまう問題で、原因は器具や設備の滅菌消毒が不十分になるためです。

しかし、感染予防に対する歯科医院の意識はまだまだ低いのが現状です。

こんな調査結果があります。
患者さんごとに手袋を交換している歯科医院=約40%
歯を削る道具を患者さんごとに交換、滅菌している歯科医院=14.1%
出典:「歯科における院内感染対策調査報告」

私たちは「見えない所こそ本当に大事な所」「コストがかかったとしても決して手を抜いてはいけない所」と考えております。

治療用グローブは患者様毎に交換

感染予防のため、治療で使用する手袋は患者様毎に交換しています。
私たちは当たり前ですが、コストを理由に使い回ししている歯科医院が約6割もあるようです。

紙コップやエプロンもすべて使い捨てです。感染予防のためです。
しかし、デメリットは大量にゴミが発生してしまう事。これを考えるとエコではありません。

患者様におかれましては可能な限り「マイコップ」と「マイエプロン(タオルで結構です)」の持参をお願いいたします。

ミラー、ピンセット、唾液を吸うバキュームについても患者様毎に完全に滅菌。
当院ではオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)と回転切削器具専用のオートクレーブ(上記の「DACユニバーサル」)、超音波洗浄器をフル稼働させています。

すでにお伝えいたしましたが、歯を削るハンドピース(タービン)も患者様毎に完全に滅菌しています。

 

多くの歯医者さんでは、いまだにハンドピースを滅菌せずにアルコール綿で拭いて次の患者様に使っているようです。

お食事処で、前の人が使った割り箸をアルコールで拭いて、「こちらをお使いください」なんて言われたらどう思われますか?

 

なぜ多くの歯医者さんで「患者様毎に滅菌使用」とならないのでしょうか?

こちらもコストが原因です。ハンドピースは精密な機械なので1本10万円~15万円します。
そのハンドピースをかなりの本数を用意しないと、次の患者様の為の滅菌が間に合いません。

その他、毎回オートクレーブ処理する度に、135度の高熱と高温の乾燥工程で、ハンドピースが早く傷んでしまいます。
そして、滅菌をするためのスタッフの人件費。

現行の保険制度では、滅菌をすることに対して歯科医院への支払(報酬)はなく、それぞれの医院が患者様からいただく報酬から個別にその資金を捻出しております。残念ながら保険診療のみの歯科医院ではこのコストを賄い、かつ経営が成り立つような資金を捻出することは、不可能なのではないかと思います。

それでも私は、「ハンドピースは患者様毎に滅菌する」ことにこだわります。

理由はもちろん、当院に来てくださる患者様、そしてスタッフを感染から守るためです。

 

院内感染予防にはコストがかかり、また私たちは滅菌消毒を含め万全の準備して、皆様をお待ちしています。

私たちはできる限り患者さまに安心して治療を受けて頂きたいと考えております。

その為、感染予防について質の高い消毒滅菌システムを続けてまいりますので、

【連絡無しでのキャンセル】や【複数回にわたる予約時間直前のキャンセル】をなさらないように

どうぞご協力をよろしくお願いいたします。