歯科医師
/
最終更新日 : 2018年04月06日
本年度も宜しくお願い致します(^^)

こんにちは。エル歯科クリニック千里丘 院長の増田です。

桜も散り、汗ばむ陽気となってきました。皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

新入生・新入社員の皆様、ご入学・が入社おめでとうございます。

皆さんはこれから新たな生活が始まろうとしています。特に学生の方であれば勉強はもちろんのこと、部活に入部される方も多いのではないでしょうか。部活に所属することで人間関係を構築したり、やり甲斐を得たりといろいろ学ぶ事もあるでしょう。

そんな中、部活と歯科の関係について今日は1つお話したいと思います。それは、部活(体育会系)に所属すれば皆さん、スポーツドリンクを飲むと思います。特に夏場であれば、熱中症対策のために、いつも以上に摂取するかと思います。多い人なら1日で1リットル以上飲む人もいるでしょう。スポーツドリンクは脱水症状を防ぐために、水分と塩分が多く含まれていますが、糖分も相当量含まれています。スポーツをしているとかなりこまめにスポーツドリンクを摂取してると思います。実はこのこまめに摂取している事が原因で虫歯になり易くなります。まず虫歯の成り立ちですが、簡単にいいますと、お口の中には沢山の細菌が住んでいます。その細菌の好物は「糖分」なのです。細菌が糖分を食べると「」を出します。これが、歯を溶かして虫歯になります。つまり、口の中に食べ物や飲み物が入ると、口の中の環境は酸性に傾きます。食事中は常に酸性に傾いていると言うことです。ようは、常に虫歯になりやすい環境になっているという事です。しかし、摂取終了後約30分たつと、唾液の作用により、口の中が酸性から中性に変化します。つまり、虫歯になりにくい環境に戻ります。

先ほどの話に戻りましすと、こまめにスポーツドリンクを摂取するということは、常に口の中は酸性に傾いているのと同じ状態です。これだと虫歯になりやすいですよね?ですから、しっかりと時間を守って水分補給をしていきましょう。

ただし、糖分の入っていない水、お茶、無糖コーヒーであればそこまでに気にしなくても大丈夫です。